東京・千葉・松戸・東葛地域のお引越し前・退去後の店舗、官舎、社宅、マンション・一戸建て、アパート、工場のハウスクリーニング(掃除代行)リフォームは、クリーンプランニングまでお問い合わせください。

サービス内容

オフィス・店舗・ビル清掃|掃除、リフォームは、クリーンプランニングまで

006黄緑の椅子

株式会社クリーンプランニングは、オフィスビル、テナントビル、店舗、公共施設、スーパー銭湯、マンション共用部など、あらゆる施設の日常・定期清掃を受注いたします。ご要望に沿った清掃はもちろん、弊社からご提案もさせていただき、より良い環境づくりに徹します。また、ガラスのリメイクや外壁洗浄といった特殊清掃にも対応しております。 

エアコンクリーニング

エアコンクリーニングカビ、ダニ、雑菌を洗い流すことにより、繁殖を防ぎイヤなにおいがなくなります。さらに、熱交換率が上がるので、省エネ効果があり、エアコンが長持ちします。3年に一度の洗浄をおすすめします。

快適な室内に潜む落とし穴!!エアコン内部の汚れ
エアコンは室内の空気を吸い込んで吹き出し、空気を循環させることで室内温度を調節します。しかし皆さんご存知のとおり、室内の空気は必ずしもきれいだとは限りません。空気中のホコリや汚れを吸い込んで吹き出したり、内部に入りこんだカビ胞子が繁殖しているうちに、エアコン内部はどんどん汚れていくのです!

エアコンクリーニング後はこんなメリットがあります。
メリット1 冷暖房の風が清潔によみがえる!!
 内部洗浄をする事によって、清潔な風の循環が出来る。風力・風速が戻るので、優しい風で快適。
メリット2 熱交換率が良くなり電気代の安さがよみがえる!!
 本体内を、洗浄する事で熱交換率が良くなり、ムダな高負荷運転が減り、購入時性能に近くなります。
メリット3 快眠できる静かな運転音がよみがえる!!
 内部を洗浄する事で回転部のバランスや風切り音が、購入時と同じぐらいに戻り、結果静かな運転音に。
メリット4 有害なカビ・雑菌を除去
 洗浄液には特殊な除菌剤を配合し雑菌を除去します。廃液を中和剤で処理し環境に優しい作業を行います。

カーペットクリーニング

カーペットウルトラカーペットシステムのご案内
「洗浄力」+「労働安全」+「低環境負荷」のベストミックス

カーペットパイルの状態、シミ・汚れの付着度合いなどを触診や目視で確認し、洗浄方法をご提案します。
毛足の中までシャンプークリーニング。清潔で心地よいカーペットに。

カーペットの汚れやシミは見た目に汚いだけではなく、ダニの温床となりやすいため、お困りの方も多いのではないでしょうか。カーペットは敷き詰めたままでクリーニングします。まずは素材にあった方法でガンコな汚れやシミを除去し、その後、全体をキレイに洗浄します。※汚れによっては完全にとれない場合がありますのでご了承くださいますようお願いいたします。

貯水槽清掃

貯水槽清掃あなたの飲み水は大丈夫ですか?ビルはマンションなどは水道水をいったん受水槽にため、高架水槽などを経由してポンプで各家庭に給水しています。これらを貯水槽といい、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」で年1回の清掃が定められています。

 貯水槽とは、高いビルや大きな建物などで、水をたくさん使う場合に、前もって水を溜めておくために設置されている水槽のことで、建物の横や屋上などに付いているのを、よく目にすることと思います。

 このような飲み水用の貯水槽には、必ず「管理責任者」がいます。貯水槽使用開始時に、保健所に届け出る決まりになっているのです。 一度貯水槽に入った水は、水道局の管理を離れてしまいます。 そこで貯水槽の管理に不備があって、その水を口にした人が健康を害した場合に、その責任の所在を明確にするためです。

 管理責任者の仕事とは、毎月1回以上の施設点検、日々の水の状態観察(におい、濁り、味など)、週1回の残留塩素測定、年に1回以上の貯水槽内部清掃消毒作業及び水道法水質基準についての水質検査、そして受水槽の有効容量が10トン以上の場合は『簡易専用水道』にあたりますので、厚生労働大臣が指定する検査機関で施設の法定検査を受けなければなりません。(検査機関については、お近くの保健所へお問い合わせ下さい。)

 上に書かれた様な管理を行っていれば、安全で衛生的な水を飲むことができます。しかし、実際にすべてを欠かさず行っているかどうかは分かりません。

 もし、貯水槽の管理を一切やらなかったらどうでしょう。 貯水槽内に細菌が発生したり、貯水槽内が錆びてきて、赤水が出たりするでしょう。 そのようなことが無いように、日々の管理を心がけて下さい。

 貯水槽の管理の中に、貯水槽内の清掃消毒がありますが、飲み水を入れておく水槽ですから、素人が槽内に入って設備をこわしてしまったり、細菌を持ち込んでしまうと大変なことになります。 そこで、専門の資格を持った貯水槽清掃業者に依頼するのが一般的です。

 当社は、数多くのお客様に永いご愛顧をいただいております。

グリストラップ清掃

グリストラップ清掃自然の有用微生物によるグリストラップ浄化システム!

油水分離阻集器のことで、油脂を含む汚水が排水管設備を妨げないよう設置を義務づけられた装置です。 グリストラップは、野菜くずや残飯を入口のバスケットで阻集すると共に、水と油の比重差により浮上した油脂分のみを表面に貯める働きをします。

1.悪臭の除去 2.清掃作業の軽減
3.配水管の詰まり除去 4.環境改善や浄化能力の向上
5.小スペースでも設置可能

「グリストラップ(阻集器)」は、業務用の厨房からの排水として「汚水に混合された油」や「生ゴミ」を下水道に直接流すのではなく、一時的に溜めて分離させ、清掃しやすくする為の設備の事です。

昭和51年の建設省告示1597号(改正、昭和 57年建設省公示)で、レストラン、喫茶店、居酒屋、ホテル、日帰り温浴施設、ゴルフ場のクラブハウス、病院、社員食堂、老人ホーム、食品加工場など料理を提供する、厨房を持つ全ての「飲食業」に関わる業種への設置導入となりました。(第1674号)

「スープ」「ソース」等、食器に溜まったあらゆる「調味料」「調理油」「細かい残渣物」が厨房内のグレーチング(側溝)を流れ、最終的に「グリストラップ(阻集器)」に入って行きます。当然、「食数」が増えれば増えるほど、この量も増えていきます。

グリストラップに溜まった廃油、汚泥は「産業廃棄物」として扱われ、事業主の責任において「適切な処理」をすることも義務づけられています。

理由は「油」や「生ゴミ」を下水道にダイレクトに流してしまうと下水道、下水処理場に膨大な負荷(悪臭含む)をかけてしまうのと、流れ出た「油脂分」が冷えて固まった時に、下水道管を詰まらせたり、環境汚染や衛生問題が発生する為です。

これを踏まえ、今後は、行政も周知徹底されます。各市町村の下水道局の担当者は、突然に抜き打ちで下水の採水や下水道の油脂分による閉塞具合い等を用いて、店舗に是正勧告を出しますが、今後は、頻繁に行われていくとの事です。

是正、改善が見られず、あまり悪質な場合、地方自治体は権限を持つ管轄部署と連携し「営業停止命令」と言う事態にまで発展するかも知れません。衛生管理面を含め、行政機関は決して「争う相手」ではありません。

「環境保護」・「公共配管保全」「処理場軽減」の為、また、高濃度の硫化水素が発生するとテナントの「ビルオーナー」「ビルメンテナンス会社」にも迷惑をかける事になるかもしれません。「店舗の健全な運営」の為にも、下水道を利用する飲食店は、各市町村で決められた法令・条例は必ず指導されている通りに順守しましょう。

しかし、現実問題として、グリストラップを清掃するには、たくさんの「苦痛」が伴うのも事実で、そのジレンマにいるのも重々理解できます。 清掃の際に、最も苦痛 ・/ 不快感を伴うのは、何と言っても・、あの独特な「悪臭」でしょう。

ガラスクリーニング・その他

グリストラップ清掃高所ガラスや外壁のクリーニングもおまかせください。
シールはがしやサッシ・レールの細かい汚れもお掃除いたします。
その他、トイレ特殊掃除(尿石除去、水アカ、悪臭除去)、厨房油汚れ除去、白木洗い(アク洗い、シミ抜等)、配水管、ダクト清掃、マットリース、タイル洗浄、石材特殊清掃、空気環境測定、ハトネット施行、水アカ除去、乾燥機清掃、フローリングの塗装工事など、お気軽に御相談下さい。

ガラスクリーニングは定期的に
ガラスクリーニング
窓ガラスの汚れは建物の中から見ても外から見ても非常に美観が悪いものです。内側にはタバコのヤニやほこり・油汚れ、外側は粉塵や排気ガスの汚れが付着 しています。また、放置しておくと紫外線にさらされて白い水滴模様の焼けと呼ばれる症状が出て、普通のクリーニングではなかなか取れなくなるため、定期的なガラスクリーニングが必要なのです。白い水滴模様が固着している場合は、ダイヤモンド研磨をして輝きを戻します。